Mu-Len構造と特徴

筋肉特性に近いクッション性を発揮する3D-NETの構造とともに、各種試験による評価結果をご紹介します。
DELTA TOOLING CORPORATE SITE
Back to TOP
Mu-Len商品
MAGJECT商品
開発プロジェクトストーリー
ニュースリリース
会社概要
資料請求
Mu-Len構造と特徴
N E T
三次元立体編物3D-NETはポリエステル系の糸を立体的に編んだ構造体で小さなバネとダンパーの集合体のような構造から、従来の編物とは異なるクッション性を作り出しました。
ネット厚は1.5 ミリ〜13 ミリで調整可能
立体効果/・クッション性
・通気性と保温性
・体圧分散性
耐久性や耐熱性など、特性に応じた素材構成・ケミカルリサイクルが可能
糸の太さ/・マルチフィラメント
150D〜1300D
・モノフィラメント
200D〜800D
糸種・太さ・密度により強度調整が可能
構 成
表と裏の基布(編み地)両面をパイル糸で連結した構造です。
物 性
通気性 通気・保温ともにすぐれた3Dネット素材は、背中も胸も一定の湿度を保っている。
3D-NETクッションの特性

実験条件:雰囲気温度25℃、湿度50%
比較条件:マットレスの差異による湿度特性(背部・胸部比較)
着座疲労評価 3D-NETは低反発ウレタンに比べ長時間着座における肉体的負担が少ない。
■ウレタンの力のかかり方 ■3D-NETの力のかかり方